小さなお子様から、初心者の方、大人の方まで丁寧に指導しています。

加古川市のピアノ教室「加古川音楽スタジオ」

教える ではなく、’ケア’する 

      2019/08/14

夏休みに入って、色々な大学のオープンキャンパスに参加しています。

保育科、児童教育学科などの分野で回っていると、リトミックもピアノも指導者としての考え方が同じだな~と、思って帰ってきました。(*^_^*)’

教える’ではなく、’ケア’する、子どもの育ちを援助する立場で、

大学の先生達が 学生さんたち、そして、子ども達の学びをされている

と言う点に、

『リトミックレッスンも、ピアノレッスンも、同じだな~』

と思いました。

大学の 体験授業 ! (^^)

首がすわる → 寝返りを打つ → お座りをする → つかまり立ちをする → 歩く

→ 走る → ジャンプする

と、子どもの体の発達を イラストを並べました。

その子どもの発達を 促し、次の成長につなげる 援助をするのが、保育士や教師の仕事、

と 説明されていました。

私が、初めてリトミックを学んだ時も、そう感じて 興味を持ちました!

先生が、『これは 4分音符です。タンタンタン、さあ 叩いてみましょう。』

みたいに、教師が一方的に 説明して’教える’ ではなく、

聞こえてきた 音楽に合わせて、叩いてみよう!

どんな感じ? ⇒ 『歩いてる!』『走ってる感じ!』『ゆれてる感じ!』

『じゃあ 音楽に合わせて 体を自由に 動かしてみよう!』 ⇒ 子ども達が  感じたまま自由に動く

この ’自由に動く’ の 子どもの動きをスタートにして、 リトミックでは 二分音符を感じてもらったり、

音の高さを感じてもらったり、  音の強さを感じてもらったり、

ここで、指導者の『指導目的』が、初めて表に出てきます。

スタートは 子どもの自由な感じ方、そして その動きなんです!

そして、その『指導目的』が、 1歳クラスなど 幼い年令の子ども達の時は、

発達をスムーズに するために、 いっぱいレッスンでハイハイをする(歩けても)、

ハイハイして 何かの下をくぐる、ハイハイして 物を取る。など、

色々なパターンで、子ども達が楽しく、自然に、ハイハイをする 活動を 考える。

これが、援助者の 役割なんです。

リトミックに出会った時、その指導法だけでなく、 『こども中心の考え方』に感動して、

どうしたら、音楽で楽しく 子ども達の力を伸ばすことができるのか?、知りたくて、

ドンドン リトミックにのめり込んだ事を 思い出します。

そして、この子ども中心の考え方を ピアノレッスンにも活かそう!と、

ピアノと、リトミックを教え始めて 20年以上経ちました。

改めて、私の指導の スタートを 確認した 一日でした。

 - ピアノの先生の独り言, ピアノレッスンから, リトミック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
リトミック研究センター ソルフェージュ 1 

ステップ5のYくん。 今日は、先生の都合で 一人レッスン。 じっくり、一人で考え …

no image
発表会の成果! (^_^)

今週は、発表会が終わって、初めてのレッスンをしています。 満足げな顔! レッスン …

no image
僕たちは、奇跡でできてる

皆さん、ドラマをご覧になってますか? 今週の子育てプラザでも、少しお話しましたが …

no image
子どもが、やりたくなるレッスン!

今日は カラーボードの上に乗ったり、降りて歩いたりしました。 何も 目的もなく …

お菓子の店 ルドルフ Rudolf🍪

先日、姫路のミュージックキー合同認定試験で、参加品として かわいいアンパンマンの …

no image
1歳クラス おへんじ ハ~イ!

今日は、体験レッスンのお友達も一緒にレッスンでした。 ごあいさつ 『ごあいさつし …

ピアノの準備、音符もお絵描きから~🌠

リトミックで、からだ全部を使って、音楽を感じた後は、プライベートの時間で ピアノ …

須磨で、親子のリトミックをしてきました。♪

須磨の子育て支援の行事で、リトミックのお手伝いにいってきました。 参加者は、0才 …

no image
中学生、ピアノが息抜きやねん!^^)

反抗期も ピアノでのりきる! 今日のレッスンも、とっても疲れた感じでやってきまし …

no image
6歳 リトミックから ピアノレッスンへ ♪

4月になると、小学生になるMちゃん。 ト音記号は ド ~ ラの音まで、5線で読め …