小さなお子様から、初心者の方、大人の方まで丁寧に指導しています。

加古川市のピアノ教室「加古川音楽スタジオ」

教える ではなく、’ケア’する 

      2019/08/14

夏休みに入って、色々な大学のオープンキャンパスに参加しています。

保育科、児童教育学科などの分野で回っていると、リトミックもピアノも指導者としての考え方が同じだな~と、思って帰ってきました。(*^_^*)’

教える’ではなく、’ケア’する、子どもの育ちを援助する立場で、

大学の先生達が 学生さんたち、そして、子ども達の学びをされている

と言う点に、

『リトミックレッスンも、ピアノレッスンも、同じだな~』

と思いました。

大学の 体験授業 ! (^^)

首がすわる → 寝返りを打つ → お座りをする → つかまり立ちをする → 歩く

→ 走る → ジャンプする

と、子どもの体の発達を イラストを並べました。

その子どもの発達を 促し、次の成長につなげる 援助をするのが、保育士や教師の仕事、

と 説明されていました。

私が、初めてリトミックを学んだ時も、そう感じて 興味を持ちました!

先生が、『これは 4分音符です。タンタンタン、さあ 叩いてみましょう。』

みたいに、教師が一方的に 説明して’教える’ ではなく、

聞こえてきた 音楽に合わせて、叩いてみよう!

どんな感じ? ⇒ 『歩いてる!』『走ってる感じ!』『ゆれてる感じ!』

『じゃあ 音楽に合わせて 体を自由に 動かしてみよう!』 ⇒ 子ども達が  感じたまま自由に動く

この ’自由に動く’ の 子どもの動きをスタートにして、 リトミックでは 二分音符を感じてもらったり、

音の高さを感じてもらったり、  音の強さを感じてもらったり、

ここで、指導者の『指導目的』が、初めて表に出てきます。

スタートは 子どもの自由な感じ方、そして その動きなんです!

そして、その『指導目的』が、 1歳クラスなど 幼い年令の子ども達の時は、

発達をスムーズに するために、 いっぱいレッスンでハイハイをする(歩けても)、

ハイハイして 何かの下をくぐる、ハイハイして 物を取る。など、

色々なパターンで、子ども達が楽しく、自然に、ハイハイをする 活動を 考える。

これが、援助者の 役割なんです。

リトミックに出会った時、その指導法だけでなく、 『こども中心の考え方』に感動して、

どうしたら、音楽で楽しく 子ども達の力を伸ばすことができるのか?、知りたくて、

ドンドン リトミックにのめり込んだ事を 思い出します。

そして、この子ども中心の考え方を ピアノレッスンにも活かそう!と、

ピアノと、リトミックを教え始めて 20年以上経ちました。

改めて、私の指導の スタートを 確認した 一日でした。

 - ピアノの先生の独り言, ピアノレッスンから, リトミック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
4歳リトミック  お姉ちゃんと レベルアップ!?

4歳クラスのレッスンも夏休み後半が始まりました。 いつもは、小学生のお姉ちゃんも …

no image
ひといちばい敏感な子どもたち HSC ♥

偶然NHKのニュースの一枠で取り上げられてた。 『ひといちばい敏感な子どもたち』 …

no image
研究センターリトミック ステップ3クラス♪

母と子のリトミック教室 4月再開しました! ステップ2が、突然休校となったので、 …

no image
ベートーヴェンピアノトリオ 弾いてきました! 

この夏最後の 私の宿題! ヴァイオリンと、チェロとのピアノトリオをしてきました。 …

no image
4、5歳リトミッククラス 加古川総合文化センター

4、5歳のクラスも、発表会に向けて、チャレンジしています。 今日成功したのは、補 …

no image
ミュージックキー 合同認定試験!♬

コロナ感染予防のため、コンサートはもちろん、 発表会、音楽会など人が集まることが …

NHK全国学校音楽コンクール 兵庫県大会 終了🎵

 NHK合唱コンクール 今日は、NHK合唱コンクール 兵庫県大会 中学生部門 を …

ひな祭り 1歳クラスの合奏♪ 

3月最後のレッスンになりました。 ひな祭りの 『5人囃子の 笛 太鼓~』 の 合 …

ステップ5 リトミッククラス始まりました!

4分音符 3つ の ステップ ステップ5 幼稚園での年長さんの学年です。 ステッ …

宇治 平等院~ 源氏物語ミュージアム 

2日目は、宇治の街を観光しました。 お茶の街、宇治は いたる所 『抹茶〇〇』でい …