小さなお子様から、初心者の方、大人の方まで丁寧に指導しています。

加古川市のピアノ教室「加古川音楽スタジオ」

合唱コンクール ピアノ伴奏

      2017/04/16

中学校の合唱コンクールでした。

%e5%90%88%e5%94%b1%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab

午前中は1,2年生の選択曲だけの発表。

早く終わる分、短くて少し寂しい感じがしました。

10年ほど前の生徒たちも何回か聴きに行ったことがあるのですが、

今は、とっても声が大きくて、男子も、どのクラスも、混声合唱の魅力が出ています。入学説明会で「安心してください、落ち着いて授業のできる学校です。」と生徒指導の先生の言葉が、この合唱コンクールを聴くとわかりました。 その分、審査の生徒会や、先生方は、点数がつけにくくて困ってられるのでは???^^ と、心配するほどです。 一つの行事を見るだけで、その学校の今

の様子がわかりますね。

 

午後の中三は、課題曲、選択曲、各クラス2曲10組なので、かなりのボリュウムです。 ピアノ伴奏の生徒も三年目となり、オーディションの毎年のドラマを展開していましたので、名前を聞くと知らないはずのピアノ伴奏者も、「この子も今年 オーディションに合格して、ピアノ伴奏してるんだ!」と思いながらてプログラムを見ていました。

今年は去年に引き続き、二年目のピアノ伴奏になったAちゃん。選択曲、課題曲、どちらの伴奏に立候補しようか、そんな所から今年は悩んでいました。「先生、どっちがいい?」と何度も聞かれましたが、本人が練習するものだから、自分で考えたら~としか、答えられませんでした。「この曲は、こんなところが難しいと思う」とか、「ここはこの曲のきれいなところ」と曲の事は説明しました。 そして、決めた曲が課題曲でしたね。オーディションも合格して、いよいよコンクールが近づいてきました。

どんなに練習していても、本番どうなるかわからない、本人もよくわかってるようで「とにかく止まらない、止まっても右手だけでもつなげて、弾けるところから入ろう!」と最後のレッスンで話をしました。

音楽は一瞬で消えてしまいますが、その一瞬のために とっても長い時間をかけて、とても大きな努力をしています。例え当日失敗しても、その努力と経験は、本人の大きな成長だと思います。 お母さんもドキドキしながら聴いてられたと思います。私も同じように、いつものように弾こうね~と心の中で思いながら 聴きました。無事に終わって私もホッとしました。

 

 - ピアノの先生の独り言

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノ認定試験・テクニック部門終わりました。

ピアノの認定試験三人合格しました!   ミュージックキー・システムのピ …

no image
この 世界の 片隅で 

先日、TVで初めて放映された 戦争の映画 『この世界の片隅で』 、一度見た映画で …

no image
《いじめで 死なせない》 ステイホームで、読書

全国で、非常事態宣言が解除され、少しづつ 日常生活が動き出しました。 この長い  …

NHK全国学校音楽コンクール 兵庫県大会 終了🎵

 NHK合唱コンクール 今日は、NHK合唱コンクール 兵庫県大会 中学生部門 を …

子育てパネルトーク ♪ アドラー心理学から

今日は、子育てパネルトークに参加してきました。 今回のテーマは、 《すべての人間 …

no image
矢野顕子さんと、上原ひろみさんの演奏から、リトミックの必要性・・

今日のあるテレビ番組で、矢野顕子さんと、上原ひろみさんが、生でセッションしている …

豊作 幸運 いいスタート !

畑を初めて 7年くらいになるかな~、 一番難しい 葉物野菜が、 昨年から収穫でき …

大きなことを成し遂げるために

今年も、あとわずかとなってきました。   24日に予定している、ピアノ …

アンサンブルの楽しみ~

アースミュージック3回目の練習がありました。 いよいよ、来月本番です!! &nb …

令和 漢字検定ミュージアム 

令和になりました。 新しい時代の始まり。 令和の時代が、明るく 子ども達が生き生 …