小さなお子様から、初心者の方、大人の方まで丁寧に指導しています。

加古川市のピアノ教室「加古川音楽スタジオ」

羊と鋼の森 🎶

      2018/10/20

柿のみも、だいぶ色付いてきました。皆さんは、どんな秋をお過ごしですか?✴

スポーツの秋、食欲の秋、…

私は、読書の秋を楽しみ過ぎて、体調を壊しそうです…(;゜0゜)

読み始めると、止まりませんね…。

ずっと読んでみたいと思っていたのですが、なかなか手が出せずやっと内容が分かり、物語に染み入っています…。(*^-^)

調律師さんのお話で、全く音楽にもピアノにも縁のなかった主人公が、素晴らしい(素人の高校生にもわかった)調律師さんの音に感動して、その道を進んでいくお話です。

映画化され、興味があったのですが、やっぱり原作を読んでから見たいと思って、映画も見逃してしまいました…(・・;)。

 

私が素晴らしいと思ったのは、本を読んでいても、当たり前ですが、音は一切聴こえてきません。

そんな中で、著者が 調律の音、ピアニストの音、コンサートホールでのピアノの音を 言葉で上手く表現し、読者に伝えられているところです❗👀‼

たとえ音が聞こえたとしても、その微妙さは読者に伝わりにくいかと思いますが、言葉だけで すばらしく伝えきっている所が、一番の驚きです(@ ̄□ ̄@;)!!。

主人公の調律師としてのまっすぐさは 爽やかで、目指すゴールが見えないと言った点も、若いときの自分にも 置き換えて読みました。

 

『「ピアノ科の先生に、私は 胸はって ピアノを教える仕事をします。」って私は 言えるよ。』と生意気に 友達に話していた学生のころ…懐かしいです。♥

『教えるプロ』と『弾くプロ』は、きっと違う。

みんなが、ピアニストになるわけではない。

ピアノを 音楽を楽しむ人達に、お手伝いできる仕事がしたいと、思って音楽教室の講師となった。

今も変わらないな、と改めて実感しました。

更に 指導者として、もっといいレッスン、効果的なレッスンはどうすればいいのか、この主人公のように 羊と鋼の森をさまよって行きます❗\(^o^)/

本の中で、「コンサートホールの調律師を目指すのではない。」

「家庭のピアノを調律できたらいい」と主人公が考えている場面があり、よくにた思いなんだろうと、読みました。

 

 - ピアノの先生の独り言

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

NHK全国学校音楽コンクール 兵庫県大会 終了🎵

 NHK合唱コンクール 今日は、NHK合唱コンクール 兵庫県大会 中学生部門 を …

NHK合唱コンクール 中学校部門 ピアノ伴奏

合唱部 兵庫県大会 ピアノ伴奏 朝からセミの声が響き、暑い日になりました。 明石 …

2019年スタート (*^o^)/\(^-^*)

2019年になりました。 よいお正月をお迎えの事と思います。 元旦初日の出&#x …

no image
はなまる学習会 『よのなか』ルールブック 

歯科の待合室で、いい本に出会いました! 『メシが 食える 大人になる!』❤ とい …

小学校の芸能鑑賞会に行ってきました。

小学校の芸能鑑賞会、今年は日本の芸能でした。 日本芸能ってなに?? こうして、言 …

no image
僕たちは、奇跡でできてる

皆さん、ドラマをご覧になってますか? 今週の子育てプラザでも、少しお話しましたが …

no image
子育てと、リトミックとピアノレッスン

子育てと、ピアノレッスン 子育ての勉強会に参加してきました。 今回は、講座ではな …

子育てパネルトーク ♪ アドラー心理学から

今日は、子育てパネルトークに参加してきました。 今回のテーマは、 《すべての人間 …

子は親の鏡 

我が子が生まれ、子育てに奮闘していた毎日。 しっかり、育てないと!と焦る時、この …

西はりま天文台 春の星🌠

少しづつ暖かい日が増えて、桜もちらほら 咲き始めました❗ 子どもたちは春休み。一 …