小さなお子様から、初心者の方、大人の方まで丁寧に指導しています。

加古川市のピアノ教室「加古川音楽スタジオ」

電子ピアノとピアノ・コンチェルト 

      2017/10/03

阪本康生 ピアノコンサートに行ってきました。

 

大阪のフェニックスホールで毎年秋に開催される阪本康生先生のコンサートに行ってきました。

一部は、キューバ、スペイン、メキシコなど、の作品で情念と民族色濃いプログラムでした。

オープニングの レイオーナと言う作曲家の名前も、今回私は初めて聞きました。曲は「スペイン組曲」で、カッコイイスペインのリズムにのった曲でした。

ピアソラ作曲の「リベルタンゴ」は、電子オルガンとのアンサンブルかと思っていると、ピアノ連弾で演奏でした。「リベルタ」とは「自由」なと言う意味で、自由なタンゴと言う名前だそうです。タンゴ独特のリズムと、タンゴの短調のメロディーが重なり、鮮やかな演奏でした。

その後、1部の終わりは ヒナステラ作曲 「3つのアルゼンチン舞曲」こちらも、私は初めて聞く曲でした。

南米の独特のリズムとメロディーに惹き込まれました。

 グリーグの ピアノ・コンチェルト

第ニ部は、本日の目玉! グリーグのピアノ・コンチェルト イ短調 。

そして、注目は オーケストラの部分を電子オルガンで演奏される所です。弦楽器や、フルートなどの木管楽器、ホルンなどの金管楽器を電子オルガンで演奏され、ピアノの部分はもちろん 阪本先生のピアノです。

新しい 発想のコンチェルトで、これからこんなコンサートも増えるのだろうと、思いながら聴きました。

 

 阪本康生 先生 のレッスン

私が阪本先生のレッスンを受けていたのは、社会人になりたての頃です。大学を卒業して、大阪の音楽教室に就職しました。その時に、個人ピアノも教え始めましたが、リトミッククラスもまだ見学で、先輩の先生方のレッスンを見るだけ、そしてピアノと、オルガンは講師の級を受けるために、自分が個人レッスンを受けていました。いつまでも、勉強だな・・・・、と思いながらの社会人一年目でした。

でも、この時の阪本先生との出会いは、指導者になる私にとって、とても貴重な出会いでした。ピアノ演奏の基本の基本から、もう一度教えて頂いた気分でした。ハノンと言う教材は何のために弾くのか、チェルニーは、どんな目的のためにたくさんの練習曲を作曲したのか?そして、私たちはそれをどんな目標を持って練習するのか、丁寧に、そして細かく正確に厳しく、教えていただきました。それまで、音大に行くために、無闇矢鱈に練習してきた私でしたが、練習の意味と、その目的を持って、しかも効率よく練習できるようになりました。そして、自分が子ども達にピアノを教えて行くなら、阪本先生のレッスンを続けたいと、思い 音楽教室を退職した後も、個人レッスンに通いました。残念ながら、我が子を妊娠してから、レッスンから遠ざかっていますが、毎年 秋のコンサート、クリスマスのランチコンサート、春の友の会のコンサート、など、先生の舞台を楽しみにしています。

次は、クリスマス ランチコンサートです~。

 - コンサート, ピアノの先生の独り言

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ル・ポン国際音楽祭 2017

芸術の秋を楽しんでます。 10月7日~14日赤穂・姫路の 3箇所で6ステージ 世 …

合唱コンクール ピアノ伴奏

中学校の合唱コンクールでした。 午前中は1,2年生の選択曲だけの発表。 早く終わ …

西はりま天文台 春の星🌠

少しづつ暖かい日が増えて、桜もちらほら 咲き始めました❗ 子どもたちは春休み。一 …

no image
冬野菜 成功!\(^_^)(^_^)/

今年も、冬野菜 キャベツ、白菜が上出来! それもソロソロ終わりです。 アレルギー …

no image
中華会館ホール で発表会

今日は、大人の生徒さんと中華会館で、発表会に参加させてもらってきました。 発表会 …

NHK全国学校音楽コンクール 兵庫県大会 終了🎵

 NHK合唱コンクール 今日は、NHK合唱コンクール 兵庫県大会 中学生部門 を …

no image
生活タイム 崩れてませんか?

そろそろ 緊急事態宣言も解除の方向で進んでいるように思います!! でも、‥‥ 皆 …

《いじめから いのちを 守る》

《 いじめから いのちを守る》逃げる ・ 生きるため 著・近藤貞 この本を読みま …

no image
子ども達から 教えられること(リトミック~ピアノへ)

弱い音で私がピアノを弾くと、子ども達は 背中を丸くして歩きます! 聴こえたこと( …

リトミック 春期講習行ってきました!♪

久しぶりに、リトミックの研修を受けて来ました。 春期講習は、保育士の先生方や、ダ …