小さなお子様から、初心者の方、大人の方まで丁寧に指導しています。

加古川市のピアノ教室「加古川音楽スタジオ」

コントラバス・石川滋 コンサート♪

   

コントラバスのコンサートに行ってきました。

さて、コントラバスは ご存知ですか~?

弦楽器で1番大きな楽器です。大人の男性より、背が高いくらいの楽器で、立って(または、高い椅子に腰掛けて)抱きかかえるようにして演奏されます。

オーケストラでは、後ろの方で 音も目立たず、地味な楽器ですが その音がないと、ズー-ンと響く低音(根音)が無くて、オーケストラ全体の音が、安定しないで中に浮いた感じになってしまいます。

オーケストラでは、『縁の下の力持ち』と言うような感じでしょうか‥。

そして、今日はそんな 普段目立つことの少ない コントラバス、しかも ソロの曲も入った演奏会でした。

美しい低音の響き ☆彡

前半のプログラムは、ピアノ伴奏が入り

マスネ作曲の『タイスの瞑想』、ドビュッシー作曲の『月の光』

ベートーベン作曲の『チェロとピアノのためのソナタ第5番』

の3曲で聴きやすく、耳馴染みの曲でした。

『タイスの瞑想』は、ヴァイオリンではよく演奏され有名ですが、コントラバスでの演奏も床から響く音がとっても印象的でした。ドビュッシーの月の光は、ピアノ曲ですが 「弦楽器の曲だったかしら~?」と思うほど、キレイでコントラバスで演奏されても違和感なく、美しい しっとりとした音色を聴かせてもらいました。また、ピアノ伴奏なのか?共演なのか?と思うほど、加藤あやこさんのピアノと溶け合うような演奏でした。

『チェロとピアノのためのソナタ』は、まず チェロの曲をコントラバスで演奏されている所が、すごい!!

そんな事できるんだ!!っと言った感じです。

音域が違うので、きっと石川さんは、この曲の時は 調弦を高く変えてられるのだと思います。

全部の弦の調弦をチェロと同じように合わせて、でも コントラバスで演奏する!?。

しかも、音がキー-とひっくり返ったりしない、高い音も 弦ギリギリの所で、でも美しく演奏されている!!

驚きです!!

前回は、ドボルザークのチェロ協奏曲でしたが、今回のソナタも素晴らしかったです。

コントラバスでは、石川さんは日本一だと思うよ~と、伴奏の加藤さんも言われてました。 スゴイ腕前!!

混乱の社会と、音楽家 ♪

 

後半は、珍しいプログラムで ワインベルク作曲の『コントラバスのためのソナタ』

グリエール作曲の『コントラバスとピアノのための4つの小品』でした。

ワインベルクの作品は、石川さんも初めて手がける作品とおっしゃっていて、現代曲に近く、ショスタコーヴィチに似たような作風の作品で、コントラバスのソロの曲でした。なかなか、コントラバスのコンサートもありませんが、更に コントラバス独奏も、とっても珍しい作品でした。

石川さん自ら、少し作品について説明されましたが、ワインベルグは、ポーランド出身のユダヤ人で、迫害を逃れてロシアに移住したそうですが、そこでも収容所送りになったりして、過酷な生活だったようです。音楽にも様々な制限や、迫害があり、その中でも 芸術の中で自由を求め、密かに平和を求めていたようです。その時代を生き抜いたショスタコーヴィチとも交流があり、作風も似たようでした。

芸術家が長い歴史の中で、常に社会と闘っていると、音楽史を調べるといつも感じます。

モーツァルト、ベートーベン、ショパン、スメタナ‥ どの作曲家も、時代の流れ、社会の流れに翻弄されました・・。

あまり、平和すぎて 穏やか過ぎると、芸術はそれほど充実しないのかとも思いますが、苦難の中 音楽家たちが、自分たちの立場の中で、社会に訴え続けてきた歴史も、辛く 悲しい思いがします。

今日、石川さんが少しお話されたエピソードは、ショスタコーヴィチの名前の 音をメロディーにしていた、と言うお話も興味深く伺いました。『D E C H』→「レミドシ」と音階 に置き換えられます。

オーケストラの曲の中で、ディミヌエンドで何度もこの音が、主旋律の裏で 聞こえてくるそうです。

ショスタコーヴィチは、ちゃんとここに居る、消えていない、と言っているのでしょうか・・・。

歴史、音楽史、社会史と共に調べていくと、とっても面白い発見と、驚きがあります。音楽家が、密かにメロディーに託した思いが、今の時代にも伝わってきます。

最後のプログラムは、同じロシアの音楽ですが、ロマンティックな作風で、ラフマニノフや、チャイコフスキーに近い作品でした。とは言え、 ロマンティックな旋律の裏では、作曲家の苦難の想いはたくさんありました。チャイコフスキーも、ソ連を経て、ロシアにもどってから、最近の研究でも新しい発見があったりします。

美しい夢の世界は、暗く悲しい時代の裏側なのかもしれません‥。

ジブリの名演奏!★

コンサートの終わりに、アンコールをされました。

なんと、ジブリのトトロから、『風の通り道』石川さんが、久石嬢さんにコントラバス協奏曲を作曲してもらった縁で、ジブリの曲もCDに録音されているそうです。

ステキな低音のコントラバスと、様々な音色のピアノが魅力的でした。

導入で、ピアノの高音で小さな音がありました。まるで チェンバロのようでした。

コントラバスがメロディーを弾き始めると、ピアノは弦楽器の合奏のように流れるように和音で波立ちます。

中間部のリズムは軽快で、ジャズっぽい場面も軽やかなピアノ伴奏で聴かせてくれました。

ジャンル違いの音楽でしたが、こんなテクニックも音色も聴かせてくれるジブリは初めてかも・・・!!と思う演奏でした。

久しぶりに、良いホールで、いい演奏を聴かせていただきました。♪

 - コンサート

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
シャンティイー  ティータイムコンサート🎹

今日は、第5回ティータイムコンサートに行ってきました。☕ 前半は、布施幸代さんの …

上原ひろみ コンサート!♪

上原ひろみさんのコンサートに行ってきました。 最近、テレビやユーチューブなどで演 …

ル・ポン国際音楽祭に行ってきました。🎵

姫路 ル・ポン音楽祭 ?! 今年も、姫路でル・ポン音楽祭が始まりました❗\(^o …

イーグレ姫路で、ピアノの試験しました!

第6回 ミュージックキーの合同認定試験を開催しました。 参加者 28人 8級~2 …

no image
シャンティー(フランス料理店)コンサート🎵

今日は、須磨のシャンティー(フランス料理店)でティータイムコンサートがありました …

no image
阪本康生 クリスマスコンサート

ハーティーパーティ・クリスマス 今日は阪本康生 ハーティー パーティー・クリスマ …

大人の発表会 ピアノ・歌 ♪

スプリング  サロン・コンサート 今日は、大人の生徒さん達のスプリングコンサート …

ファミリーコンサートに行ってきました。

春分の日、加古川市民会館で、加古川西高校主催のファミリーコンサートを見に行ってき …

古民家コンサート 🎵

今日は、芸術の秋を楽しんできました。 ヴァイオリンのコンサートで、鎌田泉さんと、 …

電子ピアノとピアノ・コンチェルト 

阪本康生 ピアノコンサートに行ってきました。   大阪のフェニックスホ …