小さなお子様から、初心者の方、大人の方まで丁寧に指導しています。

加古川市のピアノ教室「加古川音楽スタジオ」

金澤翔子さんと、お母さんの泰子さんの講演会に行きました!

   

書家の金澤翔子さんが、

会場で「共に生きる」

と、書を書かれ、お母さんの泰子さんが今までの子育てで感じた事、

そして、「今は最高に幸せです」とお話されました。

書家の翔子ちゃんは、現在38歳ダウン症です。お母さんは、

「自分の子がダウン症だとハッキリわかった時、絶望でした。この子が、生きていたらいけない。」

とまで思ったと言われてました…。

でも、翔子ちゃんがだんだん大きくなり、とっても優しい娘さんに成長されて、周囲の人達とすぐに仲良しになっていく様子を見てると、

「翔子は、全く自分が不幸だと思ってない。」と、わかってきた。と、お母さんは思われたそうです。

障害を持って生まれてきたからこそ、世俗に汚れることなく、

人と比べる事もなく、

競争する事もなく、

ただ目の前の人が、喜んでくれる事が、

翔子ちゃんの一番の幸せ~。と、本心で思ってる。純粋で、温かい、優しい心でいられるのです。

そして、そのピュアな翔子ちゃんが、

心を込めて書く『 書』を見た人達は、涙を浮かべて感動されるそうです。

私は、ソコに 言葉ではない、

計算できない 芸術の素晴らしさがあるんだな~と、思いました。

音楽も同じ

音楽も同じだな~と、思いました。

とても難しい曲をものすごい速さで弾くと、感動する!?とかではないですね。

心を込めて、1つ1つの音に魂を込めて弾くと、それぞれの楽器を通して、その気持ちが音として表れる~。

その音に惹かれて、聴衆は感動し、涙する…。

プロのピアニストでなくても、幼い子ども達でも、丁寧に 1つ1つの音を心を込めて弾くと、人を感動させる事はできます。

私が大学生の頃、北村知恵先生の発表会を見に行った時も、そうでした。

障害を持つ小学生の生徒さんが

『シャボン玉』の曲を一音 一音丁寧に弾かれました。最後の音の響が終わるまで、会場のお客さんみんなが、その音に聴き入りその音色に感動していました。

心が純粋で、何の汚れも無いから出せる音、そんな感じでした。

翔子ちゃんの書と、同じように、

ピアノの音色で、私も皆さんの心に伝わる演奏をしたいな~と、思いながら講演会を後にしました。

9月25日14時30分~ 松風ギャラリー

連弾で出演致します。

(お陰様で、チケットはsold outしました。)

 - コンサート, ピアノの先生の独り言

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ピアノ上達の秘訣! コンサート練習から~

ピアノの上達の秘訣!第二弾  チェロと、二胡とピアノのアンサンブル アースミュー …

子どもの日に、平和を願って‥。

平和を願って‥ 今日はこどもの日、10年後も、20年後も、 今の子ども達が 大人 …

古民家コンサート 🎵

今日は、芸術の秋を楽しんできました。 ヴァイオリンのコンサートで、鎌田泉さんと、 …

電子ピアノとピアノ・コンチェルト 

阪本康生 ピアノコンサートに行ってきました。   大阪のフェニックスホ …

リトミック 春期講習行ってきました!♪

久しぶりに、リトミックの研修を受けて来ました。 春期講習は、保育士の先生方や、ダ …

リトルピアニストとリトミシャンのティーコンサート

ティータイムコンサート 須磨のフランス料理のお店で、ティーコンサートを聴いてきま …

阪本康生クリスマスコンサート🎵

今日は、ランチコンサートへ行きました。 毎年、友の会主催で行われるコンサートが、 …

no image
矢野顕子さんと、上原ひろみさんの演奏から、リトミックの必要性・・

今日のあるテレビ番組で、矢野顕子さんと、上原ひろみさんが、生でセッションしている …

《いじめから いのちを 守る》

《 いじめから いのちを守る》逃げる ・ 生きるため 著・近藤貞 この本を読みま …

発表会終わりました ♪

今年の発表会を終えました。 松風ギャラリーにて 今年は、加古川市役所近くの 《松 …