小さなお子様から、初心者の方、大人の方まで丁寧に指導しています。

加古川市のピアノ教室「加古川音楽スタジオ」

やる気を 引き出すレッスン №1,

   

家に帰ってすぐピアノを練習してます!

先日のレッスンの後、お母さんからメールが来ました。

ーー 先生に 『先が見えてきたね』と、言われたのが嬉しかったのか

レッスンから帰ってきてすぐ、ピアノを弾いてるんです! (今までに無いことです。)ーーーーーー

私も嬉しいです❤

12月24日の発表会に向けて、今それぞれに 自分の曲ソロと、連弾の曲を練習しています。

全員、発表会のために いつもの練習している曲よりは、背伸びした曲を選んで弾いているので、

日頃の練習より、更に 練習が大変です。

大人でも、私でも、練習はイヤです‥‥。

ちょっと練習して弾ける曲なら、まだ 練習しようかと思えますが、

何回も何日も弾いても まだ まだゆっくりしか弾けなかったら、本当にしょげてしまいます‥。

Nちゃんも、夏休みからオクターブの弾き方を練習して、

二学期に入り 発表会の曲を始めましたが、オクターブも練習してると 手が痛くなってくるし、

何回弾いても、スラスラにはならないし、

スラスラ弾けるようになったかな?と思えば、私が『次は早く』とか、『両手で』など、

また、次の事を宿題に出されて、 どれだけ弾いても、いつまでも 無理じゃない?って思ってしまう‥。

でも、今回のレッスンで 全てのメロディーは一通り 弾きました。

本当に難しい部分は ココ、 もう少しだけ練習すれば何とかなりそうな所はココ、

と、曲全体がつかめてきました!(・∀・)!

それで

『先が見えてきたね!』と、私が言ったのです。

その言葉が、Nちゃんに届いたようです。

 共有感覚

『練習してきた?』『全然まだ 弾けてないやん。』『何週このページ宿題になってる?』

そんな声かけをされたら、どうですか?

私自身も、自分の課題として曲を練習していると、本当に1曲弾けるようになるまでは、大変です。

子ども達の曲なら、すぐその場で楽譜を見て弾けたりしますが、

自分の練習曲を弾くとなると、練習の大変さを実感しています

だから、今の自分の力より上の曲を練習する大変さを 生徒たちと共有できると、思っています。

『先生はどんな曲でも弾けると、思ってるやろ~。』

と言うと、笑って『うん!』とみんな言います。

『私だって弾けへん曲、いっぱいあるねん。ホンマ練習イヤよなあ~。』

と、話すと ウンウンと、うなずいている子がほとんどです。

これも、実感がなく 子どもに話をすると、子どもにバレてしまいます。

実際、私が練習するのが難しい、弾けない曲を楽譜を見せて 弾いてみます。

すると、『先生も難しいって思うこと、あるんやなあ。』

と、言ってます。その 共有感覚が、安心できるのだと思います

自分の気持がわかってくれてる。それで、先生も頑張って練習してると、感じたら

レッスンの内容も、「注意を指摘する」のではなく、「練習を助けてくれてる」と

思えるのではないでしょうか?

私はレッスンで『Aちゃんが、一人で家でも練習しやすいように、お手伝いするわ。

耳で、しっかり聴いて、覚えて帰ってね。』と言います。

一般的には、

『この曲宿題、弾いてきてね。』

と言われるだけだと思います。少なくとも、私はずっとそんなレッスンを受けてきました。

でも、それでは 『やる気』は出てきません(TдT)。

『Aちゃんが、楽しく弾けるように どうしたらいいか、一緒に考えよう!』

と、レッスンをすると、楽しくなりませんか~! (^O^)

さあ、Nちゃんの 仕上がりを楽しみに、もう2ヶ月頑張ろう!

 - ピアノレッスンから

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

大人のピアノ、そして交流🎵

ピアノレッスンとフルート 大人のピアノレッスンも、何人かいらっしゃいますが、 今 …

no image
アクティブ・ラーニングで、ピアノ練習♪

アクティブ・ラーニングとは、自分から積極的に学ぶ事。 ピアノのレッスンでも、私は …

バスティンコンクール 終わりました。

バスティンコンクールを終えました。 我が教室からは、中学生一人の参加でした。 中 …

no image
ヨークカルチャー・クラブ ピアノ準備クラス開始!♪

1歳のリトミッククラスに続き、 《ピアノ準備クラス》Ⅰ期 の 体験レッスンをしま …

no image
絶対音感 ! 頑張ってます。

春から新規で入会し、絶対音感にチャレンジしている Sちゃん。 4歳のSちゃんは、 …

no image
保育のレッスン 🎹

今年最後のレッスンは、大学生でした。 保育の1回生。 入学が決まった昨年の秋から …

no image
ピアノ、頑張ってます! 両手も弾けた。

ピアノ・リハーサルの意義 発表会が近づき、1番焦ってるのは 指導者の私かも・・・ …

ピアノの部屋で(レッスン)する!

リトミックから、ピアノへ kちゃん、ピアノを習い始めて1年が過ぎました。 元々は …

兵庫県学生ピアノコンクール 終わりました。

今回のコンクールは、小学1,2年生部門で 我が教室から二人が参加しました。 二人 …

中華会館で ピアノ発表会🎵

今日は、三ノ宮でピアノの発表会に参加してきました。 大人の生徒Hさんがソロでショ …